170度という圧倒的な視野角を持つVRデバイス「VR Union Claire 」

Oculus Riftがヒットした理由の1つに、広視野角で映像を見ることが出来るというのがあります。DK1で110度、DK2で100度。以前、紹介した折りたたみ式のスマホHMD「Wearality SKY」は150度ありました。そして、今回紹介するのは、170度という圧倒的な視野角を持つVRデバイス「VR Union Claire」です。

2

チェコを拠点とする小さなスタートアップ「VR Union社」が開発中のHMDで、過去にクラウドファンディングでも出資を募集していました。目標達成で、25,113ドル(約300万円)を獲得しています。

1

もちろん、視野角が広いだけで良し悪しを決めるのはナンセンスですが、Oculus Riftであの没入感ですから、170度となるとより自然にVRに入り込むことが出来るはずです。人間の目というのは、眼球を動かさずの視野角が180度と言われているので、それを考えても、170度というのは自然に近いと言えます。

3

どれほどのものか、実際に体験してみたいですね。視野角が広ければ広いほどVR酔いも緩和されるらしいので、その辺も含め今後どのような発表をするか非常に楽しみです。

参考までに、視野角の比較表です。(参考資料

VR Headset Field Of View (degrees)
VR Union Claire 170
Wearality Sky 150
ImmersiON-VRelia BlueSky PRO 123
Oculus Rift (Development Kit 1) 110
HTC Vive 110
Visus VR 110
Cmoar 105
Vrvana Totem 105
FOVE 100
Oculus Rift (Development Kit 2) 100
Sony Project Morpheus 100
Dior Eyes 100
AirVR (iPad mini) 100
Homido 100
Pinch VR 100
Razer OSVR 100
Zeiss One VR 100
Samsung Gear VR 96
AirVR (iPhone) 90
Durovis Dive 5 90
Google Cardboard 90
Impression Pi 90
Viewbox 90
Avegant Glyph 45

リンク

source/all photo:VR Union Ltd.

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る