ペガサスや戦車を操作、エアロバイク用VRゲームを開発中のスタートアップ「VirZOOM」

マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点とするVR系スタートアップ「VirZOOM」が、エアロバイク用バーチャルリアリティゲームを開発してることが分かりました。

2

それは、ユーザーがOculus RiftなどのHMDを装着してエアロバイクをコントローラーにペダルを漕ぎゲームをします。

3

VR内では、馬になったり、ドラゴンになったり、蝶になったり、戦車になったり、ペガサスになったり、生き物や乗り物になってゲームの世界を楽しみます。

スクリーンショット 2015-05-20 8.44.00

まだ詳細は明らかにされていませんが、彼らは娯楽のためにゲームを作っているだけでなく、運動させるという健康も重視してるとのことです。

3月に設立されたばかりの「VirZOOM」は、すでに「iTulip Investment Group」から180万ドルの資金を調達していて、しかも、特許出願中のモーションコントローラーシステムもあり、とても期待値の高いVRベンチャー企業と言えます。

とりあえず、公式Twitterをフォローしてみましたが、今後どういった展開をしていくか、とても楽しみです。

リンク

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る