Leap Motionの競争相手になるか、人の状態を分析できるジェスチャーデバイス

ジェスチャー操作ができるデバイスを開発しているイスラエルのベンチャー企業「Pebbles Interfaces」が、今回、Oculus Riftと連携させたデモをGeektimeのインタビューで公開しました。

スクリーンショット 2015-05-16 8.28.31

それは、手によるジェスチャー操作の先駆者「Leap Motion」を揺るがすような技術で、VR内に手を入れて操作するのはもちろん。

スクリーンショット 2015-05-16 7.17.21

自分の顔をVR内に入れることも可能。

スクリーンショット 2015-05-16 8.24.59

さらに、手や顔などを検出するだけでなく、姿勢、臨場感、行動などを認識、分析することで、人間の状態、意図、IDも解釈します。

1

つまり、意識したジェスチャーとは別に、周囲のデータ、雰囲気を認識できる先進的なジャスチャーデバイスなのです。

2

現に、複数の投資家やベンチャーキャピタルから出資を獲得していて、大いに期待もされています。これからどういった発表をしていくのか、非常に楽しみです。

  

リンク

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る