360度全展望監視システム採用の刑務所を再現したVRゲーム、実際に笛を吹いて脱獄を阻止せよ!

民間企業が運営する円形刑務所「パノプティコン(Panopticon)」をVRゲームにしたコンテンツが公開されました。

1

パノプティコンとは、全展望監視システムといわれ、中心にいる看守が効率よく囚人を見張れるように設計された刑務所のことで、360度ぐるっと見渡せる作りになっています。

3

そのパノプティコンを使ってユーザーが看守となり、囚人の脱獄を阻止するゲームが今回ご紹介するコンテンツです。

スクリーンショット 2015-05-12 13.34.41

面白いのが、阻止する方法というのが実際に笛を吹くことで、囚人が脱獄しようとすると笛を吹いて扉の開け閉めを行い阻止します。

スクリーンショット 2015-05-12 13.15.29

360度見渡して監視、脱獄の行動をとってる怪しい囚人を発見、白い点である照準(ヘッドトラッキングで動く)を合わせ笛を吹く。そうすると、一部屋だけの扉が閉まり阻止できるという仕組みです。

スクリーンショット 2015-05-12 13.36.58

笛の音は、マイク付きヘッドフォンで認識してるのだと思われます。面白いですね。

スクリーンショット 2015-05-12 13.16.44

ゲームをやってみたい方は、コチラからダウンロード出来ますので体験してみてください。笛をお持ちでない方でも3Dプリンターで作れるように、笛のデータも公開されています。

2

ってなわけで、全展望監視システムを採用した刑務所のVRゲーム、どうでしたでしょうか。360度という相性がいい仕組みを利用した面白い試みだと思います。しかも、看守らしく笛を吹いて阻止するところも素敵です。気になった方は公式サイトも覗いてみてください。

 
 

リンク

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る