仮想空間と物理空間を一体化させたアトラクションが体験できるVR娯楽施設「The Void」

The Void」という、VRアトラクションが体験できるバーチャルエンターテイメントセンター(Virtual Entertainment Centers)の作成プロジェクトが米国ユタ州で進んでいます。

スクリーンショット 2015-05-05 22.33.45

VR体験ができる施設を作るプロジェクトなのですが、特徴的なのは仮想空間と物理空間を一体化させた体験型ゲームがある事です。簡易に作られたセット(ゲームポッド)の中をユーザーに歩かせ、HMD越しにゲームを見せるという、外のセットと中のVRをリンクさせてるゲームです。

スクリーンショット 2015-05-05 22.32.30

スクリーンショット 2015-05-05 22.32.38

壁や扉などのセットはもちろん、プレイヤーの位置や動きもリンクしていて、前に進めばゲーム内でも前に進み、手や脚も連動してるという不思議な空間になっています。

スクリーンショット 2015-05-05 22.33.15

スクリーンショット 2015-05-05 22.33.26

これらは、独自のHMD、ベスト、グローブを使って、プレイヤーの動きを記録しVR内に反映させることで実現しています。

スクリーンショット 2015-05-05 23.13.52

さらに、臨場感を高めるために、ガス噴射やスクリンプラーによる水噴射など

1

乗り物系アトラクションも。いろいろ試行錯誤してる模様です。

2

というような、VRとリアルを一体化させた仮想アトラクションが楽しめる施設「バーチャルエンターテイメントセンター」を作るプロジェクトが「The Void」というわけです。

将来的には、映画館や遊園地に行く感覚で、こういったVR専門施設に遊びに行くようになるのでしょうか。とてもわくわくしますね。今後の「The Void」の動向にも注目です。

 
 

リンク

source/all photo:THE VOID

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る