VR内で触った感触を実際の手に感じさせる手袋を学生が開発!

テキサス州にあるライス大学、工学部の学生が、ゲーム中に触れているものを感じさせる手袋を発明しました。Leap Motionを使ってVR内の手とリアルの手を連結させ、手袋でVR内で触れたものを手に伝えることをします。

スクリーンショット 2015-04-25 16.37.46

VR内でモノを掴んだりした時に実際に掴んだ感触を感じることが出来るわけです。仕組みは、手袋内の指先に仕込まれた空気圧袋にあります。触れた瞬間、空気圧袋が膨張し感じさせます。下の画像がその空気圧袋。

2

これが膨らんで伝えてくれるわけです。現段階では右手だけの試作品ですが、もっと改良されて、今度Kickstarterに出てくるかも知れませんね。VR内の感触をリアルに伝えることは最大の課題であり、とても楽しみな分野なので要チェックです。

  

リンク

source/all photo:Gamers feel the glove from Rice engineers

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る