カンタス航空、飛行中の乗客に娯楽用としてVRヘッドセットのテスト運用を開始!

オーストラリアを本拠地に構えるカンタス航空が、飛行中にVRヘッドセットを使った娯楽を提供するテストを開始しました。

0

テストは、ファーストクラスのみになりますが、3ヶ月間テストしてみて、ユーザーの評価も踏まえた上で採用するかを判断するそうです。

導入後は、娯楽を提供できるのと同時に、他の迷惑な乗客との遮断も期待してるみたいです。

エコノミークラス含め、全座席にHMDが設置される日がくるかもしれませんね。

リンク

source/photo:Qantas tests virtual reality for in-flight entertainment – Computerworld

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る