HootSuite創立者が宇宙をVRで体験してもらうプロジェクト「SpaceVR」を発足!

HootSuiteを創立者・CEOであるRyan Holmes(ライアン・ホームズ)をFounderに、自宅で宇宙を体験してもらうことを目的としたプロジェクト「SpaceVR」が発足されました。

2

国際宇宙ステーション(ISS)にカメラを運び、そこから映し出される映像をPCやスマホ、タブレットはもちろんのこと、Oculus RiftなどのHMDでも閲覧できるようにすることが直近の目標です。2015年中には達成させたいとの事。

3

そして、2017年には「月」2022年には「小惑星」2026年には「火星」へと範囲を広げていきたいと考えてるみたいで、宇宙飛行士のEdgar Mitchell(エドガー・ミッチェル)も顧問に従え、かなり気合が入っています。NASAの宇宙飛行士も関わっています。

打ち上げは、イーロン・マスクが設立したSpaceXのDragon Capsule(ドラゴンカプセル)を使用するとのこと。ワクワクしますね。

リンク

source/all photo:SpaceVR

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る