Oculus Rift装着中でもリアル世界で誰か近づいてきたらVR内に映し出され認識できるシステム

Oculus Riftを装着した状態なのに、リアル世界で障害物(人やモノ)が出てきたら知らせてくれるシステムが動画で公開されていました。

8

オキュラスを付けてゲームなり動画を楽しんでると、リアル世界の状況把握ができないので、机にあるジュースをこぼしたり、モーションコントローラーを使ってゲームしてると、机にぶつかったりで、VRに没頭していると、リアル世界での障害物がどうしても避けられない状況にあります。

7

もちろん、前もって排除しとけばいい話なのですが、今回、動画で紹介されたのは、障害物に接近するとVR内に映り込み回避できるという解決法です。

例えば、テーブルに接近したらテーブルが急に映し出され、認識できます。

1

ゲーム内なのに、リアル世界のテーブルが重なって映って見えるので、実際にテーブルに触ったりも出来ます。

2

人が近づいてきても認識できます。

8

ということは、握手を求めてきたら握り返すことも。

3

これらは、Kinectを使うことで可能にしています。

0

いきなり出現してきたらびっくりするかもしれませんが、VRとリアルの融合的な感じで素敵ですね。仮想世界とリアル世界の調和する世界がくるのかも……。

リンク

source/all photo:Never Blind in VR – YouTube

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る