Googleが多額投資した「Magic Leap」が大量に特許出願!

1月15日、Googleが多額の投資をした謎の拡張現実プロジェクト「Magic Leap」が、米国に特許出願していました。

9

それは、Googleグラスのようなメガネ型デバイスを装着し、空中に映し出されるモニターを操作するというものです。

4

指の動きで、右クリックしたり、キャンセルしたり、コピーしたり、アプリの提示もされています。

1

8

左右の指を広げてキャプチャーショットを撮影したりも…

2

スーパーで、母親が買い物リストを出現させチェックしながら買い物をしたり…

3

メーカー主催の演出で、シリアスの箱を指さして操作するとモンスターが出現しゲームプレイが始まるPR作戦も…

5

患者に病気の説明をしたり、患者が病室にいながらビーチでリラックスしたり…

7

6

その他の仕事現場でも、多様な活用が見込めます。

0

メガネ型デバイスの装着はありますが、それでも指の操作だけでこれだけの事が実現できればかなり面白そうなのは間違いありません。まだまだベールに包まれてる「Magic Leap」ですが、今後も目が離せませんね。

リンク

source/all photo:See the beautiful, nightmarish patent illustrations for a Google-funded augmented reality device | The Verge

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る