VRで誤魔化して低カロリーの食事をするプロジェクト、将来は3Dプリンターで作れる食材データを販売!

Oculus Riftを装着し、仮想空間では本物の料理を、実際に食べる食事は低カロリーなモノを食べるというプロジェクト「Project Nourished」が行われています。

2

LEAP Motionを使ってVR内で食べたい料理を食べ、実際には寒天やこんにゃくといった低カロリー食材を使って作られたグミっぽいモノを食し、匂いもアロマ機器を使って本物を再現する。

2

食感までは再現出来てないですが、これで脳がどう反応するか。ダイエットはもちろんのこと、過食衝動で悩んでる方でしたら希望の光かもしれません。どこまで満足度を得られるか。

1

しかも、将来的には、自宅の3Dプリンターで低カロリー食材を作成できるようするらしいので、継続的に使えるアイディアでもあります。食材データファイルや詰め替えカートリッジは、販売するみたい。

3

今は寒天やこんにゃくから作ってるだけですが、研究が進んでビタミンやその他栄養素が含まった食べ物が作れるようになれば、この食材だけで生きることが出来るかもしれません。太らないのに栄養素がとれる。にしても楽しみな分野です。

リンク

source/all photo:Project Nourished: A Gastronomical Virtual Reality Experience

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る