自分の描いたキャラクターをOculu Riftコンテンツに対応させた360度動かせる3Dキャラにする技術「Live2D Euclid」

2Dのイラストキャラを360度自由に動かせる3Dキャラに変化させる技術「Live2D Euclid」を開発したと、株式会社Live2Dが12月24日に発表しました。パーツごとのイラスト原画さえあれば、それを元に3Dに組み立て、走らせたり、躍らせたり、多様な動きを360度で動かすことが出来る技術です。

3

もともと、「Live2D Cubism」という1枚の原画から3Dキャラを作り動かす技術を開発していた会社で、ただそれだと動きの範囲が左右30°〜40°程度と限定的でした。今回発表した「Live2D Euclid」は、それの360度対応したわけです。複数の原画を組み合わせることによって、実現しています。

2

このことにより、イラストから作った3Dキャラをアニメーションやゲームで使用できるわけです。なんたって360度ですからOculus RiftなどのHMDのコンテンツに使用できるのが素敵です。

1

自分で描いたイラストがVR空間で動かせるのは最高ですね。いくらくらいするんでしょう。問い合わせて見積もりとっての話なので、興味ある方は公式サイトにアクセスしてみてください。

リンク

source/all photo:Live2D Euclidの開発を発表 | Live2D

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る