VR内のユニティちゃんに触ると同時に手袋がブルッと振動するアプリ

LEAP motionを使ってVR内のキャラクターに触ることは、今ではよく見かけますが、それだけだと実際に触った感覚というのは伝わりません。そこで、手袋の中に振動する装置を設置し、触ると同時に震えるアプリを開発した方がいました。名前は、カマタさん(@Kamata0satisfy)大学生です。

4

LEAP motionで手を認識し画面内に表示、と同時にArduinoに触ったことを伝え振動を指示する仕組みです。

2

実際に、立命館大学主催のソフトウェアコンテスト「あいちゃれ2014」に展示されたみたいで、体験者の感想として、多くが「触っているように感じる!」など、振動だけで触ってる感覚を味わうことが出来たみたいです。ちなみに、「あいちゃれ2014」で奨励賞を受賞されてました。おめでとうございます。

このアプリは、ユニティちゃんに触るだけでなく、蹴ってくるサッカーボールをキーパーのように防ぐゲームもあり、それも同じく振動により体験することができます。

3

ニコニコ技術部でアップされてた動画では、その辺のゲームシーン含め、システムの説明もされてますので、ぜひご覧になってください。製作者のブログはコチラ

にしても、やってみたい。

リンク

source:kamata0satisfy’s blog
all photo:【VR】触覚グローブで二次元キャラと遊んでみた【LEAP Motion】 – ニコニコ動画:GINZA

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る