MMDをOculus Riftで再生できる「MocuMocuDance」にLeapMotionが対応

岡山魔族ブログさんが開発されてるOculus Riftアプリ「MocuMocuDance(もきゅもきゅだんす)」に、仮想空間に手を反映させられるLeapMotion機能が対応しました。

1

「MocuMocuDance」とは、MMD(MikuMikuDance)のモデルデータやモーションデータファイルをOculus Riftを使って再生できるアプリケーションです。

それのアップグレードとして、LeapMotionが対応しました。つまり、MMDの中のキャラをおさわりすることが出来るのです。

2

岡山魔族ブログさんの記事では、さわっている模様動画が掲載されてるので、ややお下品ですがそれでもという方はご覧になってみてください。

でも、面白いですね。ダウンロードも同ブログからできます。

リンク

source/all photo:Oculus Riftアプリ『MocuMocuDance』をバージョンアップしました(Ver.0.02) : 岡山魔族ブログ

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る