Oculus Riftと連動、眼球の視線で操作できるシステムをSMI社が発表!

20年以上、眼球運動測定用アプリケーションを研究・開発をしているSMI社が、Oculus Rift DK2にアイトラッキング機能を付加させるアップグレード・パッケージを発表しました。

1

プレイヤーの目線がどこを指しているかを追跡し、把握することができ、それを使ってなんらかのアクションを可能にする装置です。

つまり、目線でコントロールできるという事です。

1

自分のOculusに取り付けるには、SMI社のサイトから直接連絡しなければいけないみたいで、価格は不明。興味ある方はコチラからアクセスしてみてください。

追記:価格は9,900ドル(約116万円)するそうです……うぅぅぅ……。 (source:人生をxにするたったn個のy

にしても面白いですね。

リンク

source/all photo SensoMotoric Instruments GmbH > Gaze and Eye Tracking Systems > Products > Eye Tracking HMD Upgrade

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る