Seamless

Virtual Reality News

メニュー

アルバータ大学、CTスキャンやMRIデータなどの医用画像を患者の動きに応じて身体に直接表示するARシステムを発表

カナダのアルバータ大学は、CTスキャンやMRIデータなどの医用画像を、患者の動きに応じて患者の体に直接表示することができるARシステム「ProjectDR」を発表しました。

本システムは、患者の動きを追跡し、身体の内部画像をARを用いて適切に表示することできる技術です。

システムは、赤外線カメラとマーカを使用するモーショントラッキングと、画像を表示するプロジェクタが使用され、作成したカスタムソフトウェアによって、動いても適切に表示することを可能にしています。

また、医師が見たいものに応じて、肺や血管などのセグメント化された画像を表示する機能もあります。このことで、臨床医などにお腹を切ることなく内部の解剖学的構造を提示することができるとしています。

次のステップとして、深度センサを加えた改良、さらに手術シミュレーション、カイロプラクティック、理学療法向けのシステム開発も行っていると述べています。

 

関連

九州先端科学技術研究所、超音波プローブの角度と位置を感知し内臓器官をARとして可視化するリアルタイム・マーカレストラッキング技術のデモ映像を公開 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら