Seamless

Virtual Reality News

メニュー

裸眼で3Dホログラムを閲覧、ジェスチャー操作できるインタラクティブ・ライトフィールドディスプレイ「Holoplayer One」プリオーダー開始。価格は750ドル

米ブルックリンに本拠を置くスタートアップ「Looking Glass」は、VR/ARデバイスを必要とせず裸眼で3Dホログラムを閲覧、インタラクティブに操作できるライトフィールドディスプレイベースの開発者キット「Holoplayer One」を発表しました。

Holoplayerは、ライトフィールドディスプレイで構成され、特別なメガネやヘッドセットを必要とせずに3D画像を取得します。

LCDスクリーンから逆反射されたシーンの32のビューを提供し、画像は1ビューにつき267×480の解像度を有します。視野は50°。

また、表示した3D画像をインタラクティブに操作することができます。それはIntelのRealSenseデプスセンサを使用して指先の動きを追跡し、その情報を中継して、指が行うジェスチャーや動きに適切な応答を作成します。

価格は750ドル(約8.4万円)。PCが含まれたプレミアムエディションで3,000ドル。箱の中身は、HoloPlayer One Developer Edition、RealSense SR300、キャリングケース、あとはケーブルアダプタ類です。PCは必須(好ましくはNvidia GPUを搭載したPCまたはUSB 3.0ポートを備えたMacBook Pro)。2018年4月に出荷する予定です。

また、HoloPlay SDKを使用すると、Unityでアプリケーションを作成することが可能です。

関連

Microsoft Research、ホログラフィー技術を用いた視野角80°のサングラス型ARディスプレイを発表。高品質のフルカラーホログラム、ピクセル単位のフォーカス制御、視力矯正、収差補正も | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら