Seamless

Virtual Reality News

メニュー

UCバークレー、機械学習で自らが学習する産業用ロボット「BRETT」をVRシステムで効率的に訓練するアプローチを発表。数週間のプログラムが1日に短縮

米カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)のロボット研究チームは、2015年に機械学習(deep learning)で試行錯誤をしながら自らが学習していく産業用ロボット「BRETT」を発表しましたが、今回、それに加えてVRシステムと組み合わせることで効率的に訓練するアプローチを発表しました。

ロボットを学習させる場合、本来であればコードを書くことでプログラミングする必要があります。しかし、それでは専門知識が必要だったり時間がかかったりします。

そこで、本研究チームはVRヘッドセットを着用しモーションコントローラでオペレーションすることで訓練するアプローチを採用しました。

VRシステムを活用することで、コードを書き込むのに数週間から数ヶ月かかっていたことが、VRだと1日でロボットを訓練することができたと述べており、大幅な効率化を実証しました。

 

関連

MIT、VRからロボットを遠隔操作するシステムを論文公開。ロボットの目と両手の3つの映像を完備したVR制御室からブルーオーブでアームを操作 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら