Seamless

Virtual Reality News

メニュー

ダートマス大学ら、指から放射される熱信号を感知して親指と人差し指の微小動作でジェスチャー認識する技術「Pyro」を発表

米国ダートマス大学とカーネギーメロン大学の研究者らは、指から放射される熱赤外線信号に基づく指のジェスチャー認識技術である「Pyro」を発表しました。

Pyroは、指から放射される熱信号を感知してフィンガージェスチャーを認識し、スマートウォッチやARグラスなどのデバイス操作として活用することを可能にします。

提案を実証するために、赤外線焦電センサーや機械学習用のソフトウェアなどからなる自己完結型プロトタイプを開発しました。

親指と人差し指をこすり合わせる微小の動作でコントロールすることができ、6つの種類(丸、三角形、二重線、長方形、はてなマーク、チェックマーク)を区別することができます。

細かいジェスチャーを認識できるだけでなく、エネルギー効率が良く冷却を必要としないことから、腕時計型やグラス型のウェアラブル・デバイスなどの小型機器に最適と述べます。

 

関連

VRインターフェースにおいてSoA(自己主体感)を向上させるには「効果音」と「振動触覚フィードバック」が効果的。英国サセックス大学が研究結果を発表 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら