Seamless

Virtual Reality News

メニュー

Intel主導で460万ドルを調達したカナダチーム、VR/ARグラスに視線追跡を搭載させるゴマ粒程の超小型MEMSセンサーを発表。カメラベースではないため低消費電力

カナダ企業の「AdHawk Microsystems」は、ARグラスやVRヘッドセットにおける視線追跡システムを可能にする小さなMEMSセンサー(Micro Electro Mechanical Systems、微小電気機械システム)を発表しました。

本チームのアイトラッキング・システムは、よく使われるカメラベースではなく、ゴマ粒程の小型MEMSセンサーを使用しているため、メガネなどの小型デバイスに容易に搭載することができます。

また、カメラベースで行っている1秒間に大量の画像を処理する膨大な計算能力を必要とせず、エネルギー効率も大幅に向上させます。

性能は、毎秒3000回で目の位置を追跡することができ、ユーザーが次にどこを見るのかを50ミリ秒の精度で将来の眼球位置の予測を可能にします。

また、周辺部の解像度を低減しながら、視線先の中心だけを高解像度にする効率的な描画手法「中心窩レンダリング」も可能にします。

今回の発表では、資金調達の報告もしており、Intelが率いる資金調達ラウンドで460万ドルを調達しました。

 

関連

ザールラント大学ら、視線追跡において次見る場所を予測し低遅延で中心窩レンダリングする新提案を論文にて公開。モグラ叩きゲーム中のように高速に動くサッカード眼球運動に対応 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら