Seamless

Virtual Reality News

メニュー

スタンフォード大学、VR内の仮想物体をつかんだ時の「把握力」と「重さ」の2つをシミュレートする装着可能な触覚デバイス「Grabity」を発表

スタンフォード大学の研究者らは、VRにおける仮想物体をつかんだときの「把握力」と「重さ」の2つをシミュレートする装着可能な触覚デバイス「Grabity」を発表しました。

デバイスは、人差し指と親指に取り付けられ、開いたり閉じたりの動きを可能にします。

仮想物体を掴んだ瞬間、人差し指と親指にブレーキが作動し、両サイドの外側への力が把持力フィードバックを生成します。

加えて、持ち上げると2つのボイスコイルモータ型アクチュエータが作動し、重力および慣性を生成します。実証実験では、様々な大きさ、重さ、強さをユーザーに伝えることができたとしています。

 

関連

スタンフォード大「SHAPE lab」、VR内のモノの感触を伝える低電力ブレーキベースの触覚フィードバックデバイス「Wolverine」の論文を公開 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら