Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Valve、次期ベースステーションを用いたトラッキングシステム「SteamVR Tracking 2.0」は4つの基地局で約10m×10mのプレイスペースをサポート

ValveのJoe Ludwig氏は、次期リリース予定のベースステーションを用いたトラッキングシステム「SteamVR Tracking 2.0」に関する情報を更新しました。

リリース時には、ベースステーション2.0は最大2つのベースステーション構成で動作しますが、2018年初頭には、その機能を4つのベースステーション構成に拡張し、約10メートルx10メートルのルームプレイスペースをカバーすると述べます。

また、以前から公開されている通り、「TS4231センサー」を持つヘッドセットと互換性があり、既存のHTC Viveでは動作しません。(過去記事参照

2018年初頭に出荷を開始する予定ですが、量は制限され、45ユニットの数量(バルク)で発注しなければならず、60ドル+送料がかかるとのことです。また、51カ国での販売を予定しています。

関連

Valve、「SteamVR Tracking 2.0」含む追跡システムのロードマップを公開。複数ベーステーションで追跡エリアを干渉なしで拡大など | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら