Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

MIT、角壁(コーナー)で隠れて見えない物体(人など)を床の隅に反射する光を分析し認識するカメラ技術「CornerCameras」を発表。自動車運転や車椅子などで活用

マサチューセッツ工科大学(MIT)の「CSAIL(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)」は、角壁(コーナー)で隠れた物理オブジェクトを床の隅に反射する光を分析することで認識するカメラ技術「CornerCameras」を論文にて発表しました。

Turning Corners into Cameras: Principles and Methods(PDF)

本技術は、角壁で見えない向こう側の人などの物体を認識することができることから、自動車運転や車椅子での活用などその他テクノロジーでの活用も期待されています。

本技術「CornerCameras」は、物体から地面に少量の光が反射した時に出る「半影」と呼ばれるぼやけた影に関する情報を使用して隠れた場面の物体や人物を検出し、隠されたシーンの1次元画像を生成します。

単一の画像は、ノイズが多いデータを含んでいるので有用ではなく、数秒間にシーンを観察し数十の異なる画像をつなぎ合わせることで、システムは動きの異なるオブジェクトを区別し、速度と軌道を決定することができます。

既存のレーザー技術みたいに、空間に光を積極的に投射する必要はないことから、屋内外のさまざまな環境や既製の消費者用カメラで動作することも特徴です。

また、ほとんどの照明条件や雨のような理想的ではない天候でも動作します。ただ、シーンに光がない場合は機能せず、隠されたシーン自体に光がない場合にも問題が生じる可能性があります。また、太陽が正面を通過するような不規則な雲のように、照明が絶えず変化するとシステムが混乱したりもします。

 

関連

カーネギーメロン大学等、屋外において太陽の日光下でも正確に奥行きを測定する新ToF方式深度カメラ「EpiToF」を論文で発表。複数センサーでの干渉なし、モーションブラーも回避 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら