Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Microsoft Research、ルームスケールの全方向表示ディスプレイに関する論文要旨を公開。複数の深度カメラとプロジェクターを組み合わせて実現

Microsoft Researchは、複数の深度カメラとプロジェクターを組み合わせて、グループ会議をサポートするように設計されたルームスケールの全方向表示ディスプレイ「MeetAlive」に関する論文の要旨とデモ映像を公開しました。

MeetAlive: Room-Scale Omni-Directional Display System for Multi-User Content and Control Sharing
完全な論文は、現地時間10月17-20日にイングランドで開催するイベント「ACM ISS 2017」にて披露される予定です。

MeetAliveを使用すると、すべての参加者が、ラップトップからのコンテンツを室内のどこにでもワイヤレスで同時に表示して共有することができます。

また、共有コンテンツは、配置、サイズ変更など自在に操作することを可能に、ハンドジェスチャーによるコントロールも可能にします。

コンテンツビューをレプリケートする機能もあり、すべての参加者が他の参加者の行動を確認できるようになっています。

 

関連

Digital Nature Group、VR体験中のプレイヤーとVRオブジェクトを同時に他者が目視できるシステム「ReverseCAVE」を開発。VRプレイヤーを囲む半透明スクリーンにVR内を投影する事で実現 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら