Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

MIT、VRからロボットを遠隔操作するシステムを論文公開。ロボットの目と両手の3つの映像を完備したVR制御室からブルーオーブでアームを操作

マサチューセッツ工科大学(MIT)の「CSAIL(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)」は、VRを用いてロボットを遠隔操作するシステム「Baxter’s Homunculus」を論文にて公開しました。

Baxter’s Homunculus: Virtual Reality Spaces for Teleoperation in Manufacturing(PDF)

オペレーターは、Oculus Rift CV1とTouchのセットを装着し、VR内の制御室からインタラクティブに操作します。

VR制御室には、目の前にロボットの目からの映像が2Dモニターとして映し出され、両サイドにはロボットの手のカメラからの映像がサブモニターとして表示されます。

そして、目の前のブルーオーブを使ってロボットの腕と手を操作します。このVR制御室によって、オペレーターは、ステープラー(ホッチキス)を打ったり、ネジを拾うような正確なアクションも実行できるようになります。

 

関連

MIT、ロボットにコンテキスト(文脈)レベルの音声コマンドを理解できるようにさせるシステム「ComText」を開発。「私が置いた箱をピックアップして」などを理解する | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら