Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Microsoft、新たな開発者向け機械学習ツール3つを発表。次世代Azure Machine Learningへ

Microsoftは、米フロリダ州オーランドで開催中のイベント「Microsoft Ignite 2017」にて、新たな開発者向け機械学習ツールを「AML(Azure Machine Learning)」の新機能として発表しました。主要は以下の3つです。

  1. AML Workbench(開発者が機械学習によるデータの実験管理をするためのクライアントアプリケーションです。)
  2. AML Experimentation service(ビッグデータやGPUでの実験の速度を向上させるのを助けます。)
  3. AML Model Management(機械学習モデルのホスト、バージョン管理、監視を行います。)

AML Workbench
AML Workbenchは、機械学習開発のコントロールパネルとして機能するクロスプラットフォームのクライアントで、WindowsおよびMac上で動作します。

Python、PySpark、Scalaでモデルを構築することができ、Jupyter Notebooks、Visual Studio Code、PyCharmなどのIDEとの統合をサポートしています。

AML Experimentation Service
AML Experimentation Serviceは、クラウドを活用して、あらゆる規模の機械学習を可能にします。ローカルマシン上、Dockerコンテナ上、またはMicrosoft Azure上、そしてAzure HDInsightのApache Spark上でスケールアウトすることもできます。

さまざまなオープンソースDeep learningフレームワーク(Microsoft Cognitive Toolkit、Google Tensorflow、Caffe2、PyTorch、Chainerなど)がサポートされています。

Gitリポジトリを使用して、モデル、構成、パラメータ、データ追跡、格納、管理、実験の履歴と再現性をフルバージョンで表示します。

AML Model Management
AML Model Managementは、Dockerコンテナを実行できる場所(KubernetesベースのAzure Container Service含む)でモデルを展開および管理できるようにします。

関連

Microsoft Research、超低遅延のDeep learningを実現するFPGAベースのリアルタイムAIプラットフォーム「Brainwave」を発表 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら