Seamless

Virtual Reality News

メニュー

狭い物理空間で広いVR環境を歩行する「六角形」を基本とするリダイレクトウォーキング・アルゴリズムが登場

英国UCLに在学中のエンジニアDerek Peng氏(@junxipeng)らは、VRにおける物理空間を最大限利用するリダイレクトウォーキング・アルゴリズムを発表しました。

本アルゴリズムは、狭い物理空間でも広い仮想環境を歩き回れる歩行技術です。ユーザーに錯覚を与え、あたかも広いVRエリアを歩いているかのような体験を提供します。

実証では、4mx8mの長方形32㎡を物理空間に、仮想環境を複数の六角形で構成するエリアマップが用意され、複数重ね合わせることで無限の広さを表現します。

四角形で六角形を歩き回れることを実証し、さらに六角形を基本形態に、様々な組み合わせで複雑な仮想エリアを構築します。

 

関連

狭い物理空間で大規模なVR空間を歩行できるテクニック「Mapping Virtual and Physical Reality」 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら