Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Apple ARkitベースのアプリにハンドジェスチャー操作を導入できるフレームワークが登場。形式はManoMotion SDKに統合

スウェーデン:ストックホルムに本拠を置くコンピュータビジョンを得意とするチーム「ManoMotion」は、AppleのARkitにハンドジェスチャー操作を可能にするフレームワークを発表しました。

これにより、開発者はARKitを使用して開発したARアプリやコンテンツにハンドジェスチャーの相互作用を導入することができます。

フレームワークは、3Dリアルタイムジェスチャー認識技術ManoMotion SDKに統合される形式です。

最初にUnity iOSで利用可能になり、それに続くアップデートでネイティブiOSが続きます。数週間以内に同社Webサイトからダウンロードできるようになるとのことです。

 

関連

Oculus、手袋型のVRハンドトラッキング映像を限定公開。複数台の外部追跡カメラを使用したマーカーベースのソリューション | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら