Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Facebook、Deep neural network(DNN)を用いて歪んだ360°画像を識別し自動的に向きを修正(最適化)する技術を発表

Facebookは、機械学習を使用して、歪んだ360°画像を識別し向きを自動的に変更(最適化)する技術を発表しました。

360°画像において、撮影時にカメラが水平を保たれず、その結果、歪んだ水平線が表現される場合があります。それを補正するのが、今回のアプローチです。

上が画像が補正前、下の画像が補整後。

Deep neural network(DNN)アーキテクチャ「AlexNet」を使用して、傾きとロールの値でラベルされた画像を訓練することで、360°画像補正用モデルを構築するためのデータセットを取得します。

このことで、ユーザーがFacebookにアップロードした360°画像が歪んでいれば修正を実行してくれます。まだ、機能としては導入されていませんが、テスト段階に入っており導入が前向きに検討されています。

上が画像が補正前、下の画像が補整後。

関連

Facebook、VR酔い軽減のため360°動画を滑らかにする新アルゴリズム開発を発表。360°のタイムラプス映像も作成できる | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら