Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

絆創膏みたいに皮膚に貼り付けるだけで健康状態をスマートフォンに送信し連続的に管理することができるウェアラブルデバイスが登場。充電もワイヤレス給電

大韓民国の大学「DGIST」は、絆創膏みたいに皮膚に貼り付け生体信号を収集、分析し、スマートフォンに転送することができる無線通信ベースのウェアラブルデバイスを開発しました。

デバイスは、250本の小さなワイヤコイルが埋め込まれた直径4センチメートル程度の柔らかいシリコーン素材で作られており、システム全体は、バッテリによって充電されるのではなく、ワイヤレスで給電されます。

皮膚に貼ることで、心拍数、呼吸、筋肉の動きや他の健康データを追跡し、ワイヤレスでスマートフォンに送信します。そのことで、自身の健康状態を連続的に管理することができ、遠隔医療などのサービスに役立つとしています。

また、収集したビッグデータと人工知能技術を組み合わせることで、医療システム全体を発展させることができるとしています。

関連

MIT、歩行速度を95〜99%の精度でワイヤレス測定するウェアラブルレスの設置型装置「WiGait」を開発。健康問題を予測するのに役立つ | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら