Seamless

Virtual Reality News

メニュー

ドイツの研究機関、自身の仮想アバターに服を試着させ動き回ってフィット感を体験できる「Clothcap」を論文にて発表。衣服の「しわ」の動きも再現

ドイツの研究機関「Max Planck Institute for Intelligent Systems(MPI-IS)」は、自身の仮想アバターに仮想の服を試着させ、動き回ってそのフィット感をシミュレーションすることができる「Clothcap」を論文にて発表しました。

ClothCap: Seamless 4D Clothing Capture and Retargeting(PDF)

本アプローチは、衣類を着用している動く人をスキャンし、その人物から衣類を分離、新しい人の上にレンダリングすることでフィット感をシミュレートします。

66台のカメラとプロジェクターがあらゆる角度に備わったスキャナを使用して4Dムービーを記録、このスキャナは高解像度で衣服のあらゆるしわを捕らえると言います。

 

関連

HTC Viveを活用したフルボディモーションキャプチャーシステム「IKinema Orion」の予約注文が開始。年間500ドルで2017年Q2から | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら