Seamless

Virtual Reality News

メニュー

Microsoft Research、次期バージョンHoloLensにAIコプロセッサを組み込むことを発表。DNNを実装するため自社チップHPUに統合

Microsoft Researchは、HoloLensで主要部分を処理している自社チップ「HPU(Holographic Processing Unit)」のセカンドバージョンには、「DNN:Deep Neural Networks(ディープ・ニューラル・ネットワーク)」を実装するためのAIコプロセッサが組み込まれていることを発表しました。

HoloLensには、HPUと呼ばれるカスタムマルチプロセッサが含まれています。

これは、デプスセンサー、ヘッドトラッキングカメラ、慣性計測ユニット(IMU)、赤外線カメラなど、オンボードセンサーからの情報の処理を担当します。

今日、同社AIリサーチのHarry Shum氏はCVPR 2017の基調講演で、現在開発中のHPU第2バージョンにAIコプロセッサを組み込んでDNNをネイティブかつ柔軟に実装すると発表しました。

AIコプロセッサは、HoloLensの次のバージョンで動作するように設計されており、HoloLens上のバッテリから連続的に実行されます。

 

関連

Microsoft Research、パンくずサイズのプロセッサに人工知能を埋め込むプロジェクト「ELL」を発表。ソフトウェア初期プレビューはGitHubで公開中 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら