Seamless

Virtual Reality News

メニュー

ハーバード大学、バッテリなしワイヤーなしのロボットを開発。電磁力伝送によりワイヤレス制御する再現性のある運動が可能なバッテリレス折りたたみロボット

ハーバード大学のPaulson School of Engineering and Applied Sciences(SEAS)は、無線磁場によって動力を与え制御する再現性のある運動が可能なバッテリレス折りたたみロボットを開発しました。

折りたたみ式ロボットは、以前からあり設計上斬新なフロンティアとして浮上してきましたが、バッテリや電源への有線接続が必要となり、インスピレーションよりもはるかに嵩張る結果となっていました。

しかし今回、SEASは電磁力伝送によって制御する再現性のある動きが可能なバッテリレスの折りたたみロボットを開発しました。

ロボットの動きに必要な電流を生成する電力は、携帯電話やその他の小型電子機器のバッテリを充電するワイヤレス充電パッド内と同じ技術である電磁力伝送を使用してワイヤレス供給し、SMAコイルを加熱させ折り畳みを実行します。

各SMAコイルを他と独立に収縮させることができるため、より複雑な折り畳みを可能とします。

 

関連

MIT、アームロボットに触覚を与えより小さな物体を操作、細かい作業をできるようにしたシステムを開発。物体の柔らかさや硬さを測定する3Dセンサー技術「GelSight」を搭載 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら