Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Microsoft、磁気センサーデータに基づいた屋内ナビゲーションアプリ「Path Guide」を開発。A地点からB地点を歩くことで道筋を作成/記録/共有ができる

Microsoft Research Asiaは、屋内のナビゲーション・アプリ「Path Guide」をAndroid向けに開発しました。

本アプリは、屋内においてスマートフォンを片手にA地点からB地点へ歩くことでその道筋(トレースと呼んでいる)を作成・記録・共有することができ、後でトレースを頼りにナビゲーションとして使用することができるインドアナビゲーション・ソリューションです。

歩いてトレースを作成(レコーディング)している途中に、画像、テキスト、音声を介して注釈を差し込むことも可能です。保存されたトレースを元に任意の人をナビゲートすることを可能にします。

ビーコンやWiFiに依存することなく、端末搭載の磁気センサーによるデータに基づいてトレースを構築するため、ビーコンがない施設やWiFiが不安定な場所でも関係なく使用することができます。

磁気センサーは、磁場の大きさや方向を計測するセンサーで、建物内では比較的安定していることが確認されています。

公式ページはこちら。

関連

GPS、Wi-Fi、Bluetoothビーコンは必要なし。モバイル端末の慣性センサーで屋内外の位置や方向をリアルタイムに把握するARロケーションプラットフォーム「Navisens」 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら