Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Microsoft、盲目エンジニアによるカメラ撮影した物体をAIで解析し音声出力する視覚障害者向けiOSアプリ「Seeing AI」を無料公開。文章読み上げ、商品や貨幣認識、顔で年齢や感情出力、Twitter画像のシーン読み上げ等

Microsoftは、視覚障害者コミュニティ向けに設計されたカメラで撮影した物体をAIで解析し読み上げてくれるiOS用アプリケーション「Seeing AI」を無料リリースしました。

本アプリは、同社盲目エンジニア主導で開発されたプロジェクトで、認識したい目の前のオブジェクトにスマートフォンをかざして撮影するだけでAIが画像認識し音声で表現してくれるというものです。

テキストを認識し読み上げたり、ドキュメントを認識して読み上げたり、商品のバーコードを認識し商品情報を読み上げたり、人の顔を認識し年齢、メガネをかけているか、ハッピーかなどの感情を読み上げたり、貨幣を読み上げたり、それだけでなく、現実空間のありとあらゆる物体を目の前に何があるかを読み上げてくれます。

また、メールやTwitter、WhatsAppで流れてくる画像がどんなシーンなのかを読み上げてくれたりもしてくれます。

現在は、米国、カナダ、インド、香港、ニュージーランド、シンガポールでのみ利用可能ですが、すぐに全世界で利用可能になるとのことです。公式ページはこちら。

関連

APIを無料/有料で提供する顔認識AIシステム「Kairos」。任意のビデオ、画像、現実からリアルタイム顔検出。性別、年齢、感情、人種などを分析。マルチ顔検出も | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら