Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

屋内の正確な3Dモデルを構築できるリアルタイム・ハンディ3Dスキャナー「Contour」。独自の自己位置推定/リアルタイム点群生成エンジンを実装

3Dスキャニングを得意とする米国スタートアップ「Kaarta」は、屋内向けリアルタイム・ハンディ3Dスキャナー「Contour」を開発しています。

本3Dスキャナーは、歩いて屋内をスキャンすることでリアルタイムに3Dマッピング、正確な3Dモデルを生成することを可能にします。

デバイスは、回転LiDARスキャナー、高速カメラ、IMU、バッテリ、ディスプレイで構成されており、タッチスクリーンで操作しながらリアルタイムのモニタリングで3Dスキャンを可能にします。

自己位置推定とマッピング(リアルタイム点群生成)を同時に行うKAARTAエンジンが実装されています。

また、スキャンを途中で中断し、再度再開することを可能にするに加えて、スキャン中断点に遡って再スキャンすることも可能。測定距離は1~20m、測定点数は43,200点/秒です。

公式ページはこちら。

 

関連

スタンフォード大学など、高密度な3Dモデルを構築できるオンラインのリアルタイム3Dスキャンフレームワーク「BundleFusion」を開発 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら