Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

MIT、約1.5mあるティラノサウルスの頭蓋骨を安価なKinectを使ったシステムで3Dスキャンに成功

MITの研究者らは、シカゴのフィールド自然史博物館にて、5フィート(約1.5m)あるティラノサウルスの頭蓋骨をMicrosoft Kinectを使ったシステムで3Dスキャンしたことを発表しました。

昨年、顎骨のいくつかの奇妙な穴を説明しようと法医学歯科医チームが高解像度歯科用スキャナーで挑戦しましたが、うまくいかず、しかし今回、MITのチームは、安価なKinectデバイスを使用し成功しました。

従来のハイエンド商用3Dスキャナは数万ドルのコストを要し、約50〜100マイクロメートルの深さ分解能を有するが、一方で、Kinectは150ドル程度の費用で約500マイクロメートルのパフォーマンスを与え、それは今回の問題を解決するのには十分な技術でした。

つまり、ざっと200倍くらいの費用がかかる業務向け3Dスキャナを、安価な一般向けデバイスKinectを使用したシステムで構築したということを実証したと言うことです。

生成した3Dモデルは、歯科医、人類学者、獣医師、古生物学者などの研究者チームが穴を分析するために使用します。

関連

スタンフォード大学など、高密度な3Dモデルを構築できるオンラインのリアルタイム3Dスキャンフレームワーク「BundleFusion」を開発 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら