Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

コーディングをAIで自動化にを目指すオックスフォード大学発チーム「Diffblue」、シリーズAで2200万ドルの資金調達を発表。人工知能によるソフトウェア開発を目指す

オックスフォード大学のスピンアウトとして設立されたAIを研究するスタートアップ「Diffblue」が、シリーズAで2200万ドル(約24.6億円)の資金調達を完了した事を発表しました。

同社は、ソフトウェア開発に人工知能を適応させる事を目指しており、バグ修正、テストライティング、リファクタリング、ある言語から別の言語への翻訳、仕様に合うオリジナルコードの作成、など従来の多くのコーディングタスクを自動化することを目標としています。

現在、ソフトウェア開発において一部の側面を自動化することを可能にする3つの製品に取り組んでいます。

  1. バグを自動的に見つけ出しテストを書く製品
  2. 悪用可能なバグに自動的にフラグを立て、それらのバグのテストを生成するセキュリティ製品
  3. ひどく表現されたコードまたは古くなったコードを自動的に書き換えるリファクタリング製品(言語やフレームワークの最新実装に伴う自動アップデートも)

同社は、オックスフォード大学コンピュータサイエンスのDaniel Kroening氏とPeter Schrammel氏によって設立されたスピンアウトによるチームです。

今回のラウンドは、Goldman Sachs Principal Strategic Investments、Oxford Sciences Innovations(OSI)、Oxford Technology and Innovations Fund(OTIF)とともに行われます。

関連

VRでソースプログラムを視覚化し構造を解釈できる「Primitive」 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら