Seamless

Virtual Reality News

メニュー

韓国科学技術院ら、AIアルゴリズムを用いた顔認証システム「K-Eye」を開発。低電力で97%の精度。クレジットカード決済や車のキーに活用など

韓国科学技術院(KAIST) の研究チームとスタートアップ「UX Factory」は、低電力でAIアルゴリズムを実行する半導体チップCNNP(CNNプロセッサ)、およびCNNPを用いた顔認識システム「K-Eye」を共同開発しました。

例えば、スマートフォンに差し込んだK-Eyeに自分の顔を検出・認識させ(指紋認証や虹彩認証なしに)自動販売機で飲料水を購入したり、車に装着し顔を認識するとキーがオープンになったり、警察官の胸元に装着しすれ違う人のデータを可視化したりなど、顔検出による多様な活用がデモ映像で示されます。

K-Eyeシリーズは、ウェアラブルタイプとドングルタイプの2種類から構成されています。ウェアラブルタイプは、首にぶら下げたり胸ポケットなどに装着することができBluetooth経由でスマートフォンやスマートウォッチなどで接続し操作することを可能にし、ドングルタイプ「K-EyeQ」はスマートフォンに差し込んで使用します。

K-Eyeは、アナログ処理とデジタル処理を組み合わせた顔検出センサー、アーキテクチャにおいて畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を最適化することにより低い消費電力を達成しました。97%の精度を達成したにもかかわらず、GPUの消費電力は1/5000、0.62mWの消費電力で顔認識を行うことができたと述べます。

 

関連

APIを無料/有料で提供する顔認識AIシステム「Kairos」。任意のビデオ、画像、現実からリアルタイム顔検出。性別、年齢、感情、人種などを分析。マルチ顔検出も | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら