Seamless

Virtual Reality News

メニュー

ケンブリッジ大学、痛みによる羊の顔のリアクションから関連ある病気等を早期発見し治療に役立てる人工知能システムを開発

ケンブリッジ大学の研究者は、羊の痛みレベルを評価するための人工知能システムを開発しました。

同研究室は、羊の痛み表情を測定するツール「SPFES」を開発、機械学習による推定で高精度に痛みを認識します。

痛みによる羊の顔の表情(アクション)をAIによって5つの主要なものから推定、その結果から痛みを伴う条件の早期診断と治療に役立てることができるとしています。

足の腐敗、伝染病、乳腺炎、乳房の炎症など、痛みと関連ある病気などの早期発見を目的とします。

関連

東京大学、手足切断後の存在しないはずの手足で感じる痛み「幻肢痛」をVR活用の新治療法で和らげに成功 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら