Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

Microsoft Research、AIロボットが現実世界で生物と共存するために必要な3つの要素を公開。「自然や社会ルールの学習」「行動前にプロセスと結果の脳内予測」「AI自身と生物や環境の安全性」

Microsoft Researchは、AIロボットが現実世界で共存するために必要な要素3つを公開しました。

その3つとは、構造、シミュレーション、安全性です。

  1. 構造は、現実世界にある自然ルールや交通ルールといった実社会での論理構造を学習させ使用することで、不確実性の問題に役立てるという意味合いです。
  2. シミュレーションは、行動を起こす前にどういった行動をとると結果はどうなるかなどの事前脳内予測をするというものです。これらを学習することで、現実とのギャップを埋めることを目指しています。
  3. 安全性は、AI自身と人間含む生物や環境の両方の観点から安全性を考慮することが最も重要という意味合いです。

関連

Microsoft、機械学習向けシミュレーションツールをGitHubで無料公開。自律型ドローンや自動運転車などの開発のため仮想内で膨大なサンプルを生成し学習させる | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら