Seamless

Virtual Reality News

メニュー

Samsung、片目辺り2,024×2,200解像度(画素密度:858ppi)のVR向け新ディスプレイを発表

Samsungは、先週のDisplay Week 2017カンファレンスにて、片目辺り2,024×2,200解像度を備えるVRヘッドセット向け新ディスプレイを発表しました。

新しいディスプレイは、同イベントにてRiftおよびViveに相当する片目辺り1,080×1,200(画素密度:460ppi)ディスプレイと並べて展示されました。比較すると、新しいディスプレイは片目辺り2,024×2,200(画素密度:858ppi)と大幅に上回ります。

リフレッシュレートは同じく90Hz、輝度も同じく100nitです。これら画像を撮影したRedditユーザーのkrenzo氏は、覗いた時の画像写真も両方とも撮影しています。

左が新ディスプレイで、右が現タイプです。

参考

Samsung Booth at Display Week 2017 : oculus

関連

Google、片目あたり20メガピクセルのVRディスプレイに取り組んでいることを発表。現市販品の10倍以上。中心窩レンダリング技術も採用予定 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら