Seamless

Virtual Reality News

メニュー

Google、片目あたり20メガピクセルのVRディスプレイに取り組んでいることを発表。現市販品の10倍以上。中心窩レンダリング技術も採用予定

Googleは、電子ディスプレイ装置に関する学会「SID(The Society for Information Display)」にて、現在市販されているVRディスプレイよりも10倍以上のピクセルでVR対応OLEDディスプレイを開発するため大手OLEDメーカーと協力していることを発表しました。

発表したのは、Google VRチームをリードしているClay Bavor氏です。

このプロトタイプ・ディスプレイでは、片目あたり20メガピクセルまでの解像度を可能としており、実際にラボで体験した同氏は壮観だと語っています。

また、100Gbpsに近いデータレートを必要とするため、転送やレンダリングが困難としており、解決策の一つとして視線追跡ヘッドセットによる「Foveated Rendering(中心窩レンダリング)」にあることも述べました。

中心窩レンダリングとは、ユーザーの視線を追跡し、中心部だけを高解像度、周囲を低解像度に描画する視線ベースのレンダリング技術のことです。

参考

Google Partnering ‘Deeply’ With OLED Maker on Ultra-High-Resolution VR Display

関連

NVIDIA、SMIと最新アイトラッキング技術「Foveated Rendering(中心窩レンダリング)」をHTC Viveに実装するデモをSIGGRAPH 2016で披露 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら