Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

英国の空港、約2000のビーコンによる屋内ナビゲーションシステムを採用。ユーザーにARで位置情報案内を提供

英国で2番目に利用頻度の高いガトウィック空港は、変革プログラムの一環として約2000のBeacon(ビーコン)による屋内ナビゲーションシステムを採用しました。

英国に本拠を置く「Pointr」というテクノロジーチームが技術を担当し、このことで同空港は利用者に空港内ナビゲーションをそれぞれが所持するモバイルデバイスにデジタル情報として提供することを可能にします。

ビーコンは、Bluetoothで発信し半径数mの受信機デバイスへ送信することを可能にします。

本ビーコンシステムは、+/-3mの精度で位置を決定する予定とし、空港内に重ねるように矢印で特定の場所へ誘導できるARアプローチを提供します。

ARによる屋内ナビゲーション

今回は、ビーコンによるソリューションでしたが、先日GoogleがI/Oデベロッパーカンファレンスにて発表したTangoへの技術「VPS(Virtual Positioning System)」も屋内ソリューションです。

これはビーコンアプローチとは反対のユーザーが持つデバイス側からのアプローチで、カメラからの情報を元に位置を特定するソリューションです。Googleは、屋内GPSという表現も使用していました。

 

関連

Google、屋内のGPSを目指す。Tangoデバイスに新たな屋内測位技術「VPS」を導入し、屋内のナビゲートサービスを開発してることを発表 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら