Seamless

 Virtual Reality News

メニュー

チューリッヒ工科大学、SNS投稿や公共カメラなどからのオンライン公開画像/動画を元に3D都市モデル(リアルタイム情報含む)を人工知能技術で生成する「VarCity」を公開。VR/ARへの活用も

スイス連邦工科大学チューリッヒ校は、オンライン上で公開されている大量の画像や動画データを元に街の3D都市モデルを生成する「VarCity」と呼ばれるプロジェクトを公開しました。

本プロジェクトは、SNSなどネット上で公開されている画像、公共に設置してあるカメラからの映像、Googleストリートビューなどにみる車載カメラ画像、ドローンによる空撮映像、などオンライン上に公開してある画像や動画データを元に、実際の町並みをデジタルで再構築し3D都市モデルを生成、生成したモデルをいろんなアプリケーションに役立てようというのが目的です。

集めた大量のデータを人工知能ツールを使用して生成します。

また、3D都市モデルを生成するだけでなく、建物、道路、植物、川の識別から、建物の表面積、ドアや窓の位置形状大きさを認識、窓に差し込む光の量まで計算することを可能にし、さらには道路の渋滞状況、駐車場の空き情報もリアルタイムに取得し提示することも可能にします。

静的な3D都市モデルだけでなく、それに加えて動的コンテンツも提供できるということです。

一方で、プライバシー問題も配慮しており、路上などで写る個人が特定される画像は排除される仕組みが取り入れられています。

さて、2D画像から動的含めた3D都市モデルを生成することができる本プロジェクトですが、今後、本プロジェクトを活用した多様なサービスが登場してくることが予測されます。そして、VR/ARへの活用もその1つに含まれるのではないかと、そう思われます。

プロジェクトを発表したページはこちら。

 

関連

Google、屋内のGPSを目指す。Tangoデバイスに新たな屋内測位技術「VPS」を導入し、屋内のナビゲートサービスを開発してることを発表 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら