Seamless

Virtual Reality News

メニュー

ニュージーランド航空、機内サービスにHoloLens使用を検討。顧客に重ねるように好きな飲み物や食べ物、感情状態などの情報を表示でサービス向上を目指す

ニュージーランド航空は、機内顧客サービスを向上させるために、Microsoft HoloLensを取り入れた改善に取り組んでいます。

機内スタッフ(客室乗務員)がHoloLensを装着した状態で接客、レンズ越しに重ね合わせるように重要な顧客情報を集約し表示することで、その情報を元にサービスの向上を目指します。

顧客の情報には、フライト情報、好みの食事や飲み物、最後に提供したドリンクからの時間、そして感情状態を読むことも可能としています。

これらを実行するために、Microsoft Cognitive Servicesも活用していると述べます。

 

関連

カンタス航空、飛行中の乗客に娯楽用としてVRヘッドセットのテスト運用を開始! | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら