Seamless

Virtual Reality News

メニュー

Google、屋内のGPSを目指す。Tangoデバイスに新たな屋内測位技術「VPS」を導入し、屋内のナビゲートサービスを開発してることを発表

Googleは、I/Oデベロッパーカンファレンスにて、自社ARプラットフォームであるTangoに「VPS(Virtual Positioning System)」という技術を導入すること、そして、その技術によって屋内の詳細な位置情報を提供するサービスを開発していることを発表しました。

カンファレンスの講演に登壇したClay Bavor氏は、このことを「GPSのようなもの」、つまり屋内のGPSとイメージして欲しい発言をしました。Google Mapsチームとも連携し開発を進めています。

とはいえ、衛星を使用しているわけではなく、VPS、Tangoデバイスが観測した視覚的特徴に基づいて位置を三角測量する技術を用いて屋内の詳細な情報を取得します。以前に観測されたものと新しい特徴点を比較することによって調整し、より正確な位置を把握します。

講演では、屋内ナビゲートを説明するにあたって、買い物客が特定の商品を見つけようとしている大規模なDIY店の例に挙げました。スマートフォンが欲しいドライバーの棚の位置まで表示し導いてくれるといった筋書きです。

 

関連

Google’s Project Tango、一度見た空間を記憶し後で見ても同じだと認識できるコア技術「Area Learning(エリア ラーニング)」とは | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityの記事を主軸に更新しています。(詳細はこちら