Seamless

Virtual Reality News

メニュー

Disney Research、映画品質のアニメーションを新たな圧縮技術でライトフィールドベースのリアルタイムレンダリングに再構成するプロセスを論文にて発表。VRにおける6自由度も可能に

Disney Researchは、高解像度のアニメーションコンテンツを新たな圧縮技術で新しいビデオフォーマットに変換し、ライトフィールドベースのリアルタイムレンダリングを可能にする新しいプロセスを論文にて発表しました(PDF)。

提案されるエンドツーエンドのソリューションは、アニメーション化された映画アセットをVRへ再構築することを容易にし、HMD着用者が映画品質の動画グラフィックスを6自由度で視聴体験することを可能にします。

少ない視点のプリレンダリングされたビデオから、視点単位の色と深さを別々に圧縮し、シーン内で必要な多数のカメラ位置を計算したリアルタイムレンダリングに再構成し、任意の視点からのVR体験を実現します。

本圧縮技術は、色と深さに特化していますが、空間テクスチャ圧縮形式と併用することもできます。将来的には、鏡面反射、屈折、コースティクス、透明性など、細い形状と複雑な光路のサポートを改善したいと考えているとしています。

論文はこちら(PDF)。

 

関連

プリレンダCGの映像をVRに適応させるソフトウェア「PresenZ」がRift/Vive向けに無料リリース | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら