Seamless

Virtual Reality News

メニュー

Oculus Research、VRにおける焦点面ディスプレイ「Focal Surface Display」の論文を公開。空間光変調器(SLM)を使用し画像の選択された部分の焦点を変更

Oculus Researchは、VRにおける焦点面ディスプレイ「Focal Surface Display」に関する論文を公開しました(PDF)。

本システムは、輻輳(ふくそう)距離と焦点(調節)距離の不整合問題を解決してくれるかもしれない1つのアプローチです。

このアプローチは、空間光変調器(Spatial Light Modulator,SLM)を使用して光がディスプレイに入る方法を変えて、焦点を曲げて見せることで実現します。

空間光変調器とは、光源からの光の分布(位相・偏波面・振幅・強度・伝播方向)を電気的に制御することにより光を変化させることができるアイテムで、照射光が液晶などで変調され、その波面形状を自由に制御することができます。

空間光変調器を使用することで、画像の選択された部分の焦点を変更するために曲げることができ、これにより、画像の鮮明度が向上しVRでより自然な視聴体験が得られるとしています。

論文はこちら(PDF)。ブログページはこちら。

 

関連

スタンフォード大学、新たなディスプレイ技術でVR/ARシステムにおける酔い等の視覚的不快感を軽減する手法を論文にて公開。輻輳と焦点距離の不整合問題の解決にトライ | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら