Seamless

Virtual Reality News

メニュー

カーネギーメロン大学、スプレー塗料を吹きかけた物体をタッチパッドにする低コストの技術を発表。ほぼ全ての形状/表面のオブジェクトが変換可能。ギター、ステアリング、スマートフォンの裏など

カーネギーメロン大学の研究者らは、「Electrick」と呼ぶスプレー塗料を物体に吹きかけ、その物体を全てタッチパッドにする技術を論文にて発表しました。

Electrickは、多種多様な物体や不規則なサーフェスなどまで(ほぼすべての形状のオブジェクト)をタッチ入力可能のオブジェクトにする低コストな技術です。これは、導電性塗料を吹きかけ、感知電極を付けることによって達成されます。

デモ映像では、ステアリング、ギター、壁、机などをタッチパッド・センサーにしている様子が映し出されます。壁などの表面が広い場合は、ペンキで塗ることも可能です。

他にも、塗料を塗ったカバーを真空成形でスマートフォンの裏にセットし、裏面から側面までをタッチ入力可能にする様子や、鋳造方式で素材を3Dプリンターで出力し、3Dオブジェクト全体をタッチパッド・センサーにする様子も映し出されます。

 

関連

物理キーボードなし、任意の場所をたたくとテキスト入力できる指サックデバイス「TAP」。VR/ARヘッドセット装着時にも入力可能 | Seamless

About

Seamless(シームレス)は、Virtual Realityを主軸に更新しています。(詳細はこちら